若乃花 2代目 現在
角界のイケメンと言えば現役なら遠藤か朝乃山か、親方衆であれば元寺尾の錣山親方か元旭豊の立浪親方かというあたりをまず思い出しますが、元間垣親方の56代横綱の二代若乃花の現役時代も相当なものでした。横綱引退後は年寄間垣を襲名して部屋持ち親方とし 2代目・若乃花幹士さんが、師匠・二子山親方の長女の幸子さんと、わずか1年2カ月で離婚したのは1981年12月24日のことでした。 同時に離婚の原因が、当時、銀座7丁目にあったクラブ「みわ」のママをしていた末田美輪さんだったことも報道されていたのです。 力士としても親方としても、つねに話題になってきた、元貴乃花親方。 本人ももちろんそうなのですが、娘2人の現在や学校もとても話題だったみたいなのですね。 そこで、この記事では、元貴乃花親方の娘2人の現在や学校について、さっそく、追ってみることにしました。 1971年1月20日に現在は車やバイク好き上背はなかったものの、強靭で巧みな足さばきを生かして多彩な技を繰り出し、技能派の名人力士として知られた。また容姿や相撲の内容は実父・貴ノ花利彰よりも伯父の初代若乃花を彷佛とさせた。下半身が非常に筋肉質であり、奉納土俵入りの後ろ姿が、筋肉隆々な出で立ちで有名だった「最大の企業秘密」として現役中は徹底して隠し通されていた点があり、入門前から左の入門に当たって、父である藤島親方からは「今日限りお前たちとは親方と弟子になる。パパとママの呼び方は許さない。親方とおかみさんだ。わかったな」と言い放たれ、若貴兄弟が両親に存在を認めてもらうには稽古を重ねて早期に関取になるしかなかった入幕して最初の頃は、天性の勝負勘と強靭な足腰で相手の攻撃を凌いで技を繰り出して勝つという勝ち方が多かったが、1991年11月場所で、自身初の1993年5月場所直前に、四股名を若花田からそれでも、翌1993年7月場所には最後まで優勝を争い13勝2敗の成績を挙げ、横綱曙・大関貴ノ花(当時の四股名)と共に3名で優勝決定(カッコ内は敗数の中に占める不戦敗の数)

第56代横綱で、引退後は年寄・間垣となった元大相撲力士の「(二代目)若乃花幹士」さん。プライベートでは、師匠であった初代・若乃花親方の長女・幸子さんと結婚しています。 花田 虎上 (はなだ まさる、1971年 1月20日 - )は、日本のタレント、スポーツキャスター、実業家。 元大相撲 力士で、第66代横綱の3代目若乃花。 本名、花田 勝(はなだ まさる) 。 東京都 杉並区出身で、同中野区育ち(1982年以降)。 元二子山部屋(入門時は藤島部屋)所属。 愛称である「カンボ」や「美剣士」、「五月人形」などと呼ばれ、人気のあった第56代横綱の元・大相撲力士「(二代目)若乃花幹士」さん。そんな若乃花さんが親方の長女とスピード離婚し、銀座のクラブのママをしていた末田美輪さんと結婚(再婚)したのは1982年のことでした。名前:二代目・若乃花幹士(わかのはなかんじ)2代目・若乃花幹士さんが、師匠・二子山親方の長女の幸子さんと、わずか1年2カ月で離婚したのは1981年12月24日のことでした。若乃花さんの周囲の話によると、「子供を私生児にするのは可哀想。正式離婚したことだし、入籍して相撲に徹することが大切だ。後援者筋から強い希望もあって横綱はハラを決めたようだ」との声があがっていたのです。美輪さんの出産子定日は1982年6月24日とされており、若乃花さんとの結婚報道が出た時には、臨月の大きなお腹を抱えて、東京・代々木のマンションで暮らしていました。一方の若乃花さんは、この件に関してはノーコメント。離婚して徐々に精神的にも落ち着きを取り戻して来た若乃花さん、成績も悪くはありませんでした。ただ、親方とは相変わらずロをきかず、入籍の話を正式に通した様子もありませんでした。また、親方夫人も割り切って、「(横綱が)幸せになってくれればいい」と語っていました。元嫁となった幸子さんは一時、西武渋谷店のFENDI(フェンディ)に勤めていましたが、1982年4月から赤坂店に移っています。こうして若乃花さんは年上の美輪さんと結婚(再婚)。ちなみに、美輪さんは銀座のママをしていただけあり、とても美人だったとか。ただ、なかなか先代に独立を許されず、1983年12月に二子山部屋から分家独立した際には、銀座のお店も売って尽力した美輪さん。大阪府枚方市にTSUTAYAの1号店「蔦屋書店…NHK紅白歌合戦では、1970年の第2…2007年に話題となった藤原紀香さんと…上方落語協会顧問で、月亭一門をまとめる…女優や歌手としても活躍している「木の実…1980年代は、コピーライターや空間プ…この記事へのコメントはありません。この記事へのトラックバックはありません。2020.05.132020.05.10Copyright ©